NEWS RELEASE

釧網本線全通90周年記念ツアーを実施します

JR釧網本線維持活性化実行委員会では、JR釧網本線の利用促進に向けた取組の一環として、同線が今年で全通90周年を迎えることを記念したツアー「摩周であいましゅう」を企画し、9月14日(火)から参加者の募集を開始いたします。
本事業では、釧路と網走からのツアー参加者が、中間地点の弟子屈町川湯温泉に集合してミニイベントを行い、全通90周年を祝うとともに両地域の交流を深めたいと考えております。
沿線にお住まいの皆様のご参加をお待ちしております。
【本ツアーは、募集定員に達しました。お申込み、誠にありがとうございました。】

※ツアーの詳細は、以下のチラシをご覧ください。

※北海道における新型コロナウイルス感染症対策に係る取り決めに基づき、本ツアーにおける「感染防止策チェックリスト」を公表します。

ひがし北海道フォトコンテスト
受賞作品を決定しました

2019年12月1日から2020年2月29日まで実施しておりました「ひがし北海道フォトコンテスト~JR釧網本線で発見!お勧めしたい体験や絶景をシェアしよう!~」につきましては、応募総数が1,000件に迫る、たくさんのご応募をいただくことができました。

自然が織りなす、白銀の世界へ旅しよう。
雪原を走るSL冬の湿原号


「JR釧網本線維持活性化実行委員会」について

 JR北海道においては、平成28年11月、釧網本線を含む「当社単独では維持困難な線区」について発表を行って以来、地域においては、強い危機感を持って、課題の解決に向けた議論や取組を進めてきたところです。
 釧網本線は、道東地域における広域周遊観光の基幹的な路線であり、また都市機能の拠点を結び、地域の経済・住民生活を支え、守る路線であります。
 JR釧網本線維持活性化実行委員会は、JR釧網本線維持活性化沿線協議会と連携し、釧網本線利用者の利便向上、沿線地域の振興に係る各種方策を推進し、もって、利用者の利便向上と沿線地域の振興に寄与することを目的とし、併せて、釧網本線の維持・活性化を実現させるため、関連団体と連携して諸活動を実施することを目的として、釧網本線と綿密な関わりがある釧路、オホーツク管内の9市町村をもって構成し設立いたしました。


実行委員会の概要

構成員 釧網本線沿線等9市町村により構成
(釧路市、釧路町、標茶町、弟子屈町、鶴居村、網走市、斜里町、小清水町、清里町)
規約 実行委員会規約
事業計画 令和3年度事業計画
収支予算 令和3年度収支予算

JR釧網本線維持活性化沿線協議会<連携、支援>↓ ↑<実施報告>JR釧網本線維持活性化実行委員会


釧網本線マップ


釧路地方総合開発促進期成会
JR花咲線・釧網線対策特別委員会 作成

釧網本線の必要性に係る検討・分析報告【PDF:5.3MB】